名古屋の相続放棄専門サイト 名古屋 相続放棄サポートセンター 司法書士法人アルファオフィス

名古屋相続放棄サポートセンター

  • サイトマップ
  • アクセス
  • 費用
  • 事務所案内
0120-316-849 受付時間 9:30~18:00(土日要相談)
  • HOME
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • サービスの流れ
  • お客様の声
  • 解決事例

相続放棄と相続する順番

借金を残して親や親族が亡くなった場合に、相続放棄をするべき人は相続人です。
ですから、相続人が誰か、ということが重要なポイントになってきます。
また、相続放棄を誰かがすると、場合によっては、他の方が相続人になってしまうケースもあります。

どういった場合、誰が相続人となるのでしょうか?

例えば、夫と妻と子供という家庭において、妻が亡くなった場合、夫と子供が相続人となります。
また、亡くなったひとが未婚で子供もいないような場合、その親が相続人となります。

順番

第0順位.配偶者(つねに相続人)
第1順位.子供以下直系卑属のライン
第2順位.親以降直系尊属のライン(第1順位の相続人が誰もいない時のみ)
第3順位.兄弟姉妹の横のライン(第1順位、第2順位の相続人が誰もいない時のみ)

ややこしいですので、自分が相続する可能性がある人を見たいと思います。

確実に相続人になるケース

父母の死亡
配偶者の死亡

場合によっては相続人となるケース

子供の死亡
兄弟姉妹の死亡
祖父母の死亡
父母の兄弟姉妹の死亡
祖父母の兄弟姉妹の死亡

これらの方がお亡くなりになったとき、もし自身が相続人となってしまった場合に、相続するのか、しないのかを決めておくほうがよいかと思います。

 

相続放棄の基礎知識に関してもっと詳しく知りたい方はコチラ

相続放棄の基礎知識

相続放棄とは

相続放棄と限定承認

相続放棄と相続する順番

期日を過ぎた相続放棄

相続放棄の手続き


 


ImgTop7.jpg